IP無線機の持つ大きな可能性と今後の展望

電話

ビジネスフォンの導入

一般的なオフィスには必ず電話を設置するでしょう。ビジネスを行なう上では連絡を取り合うという事が非常に重要であるからです。そのため、営業先などでも連絡が取りやすい様にビジネスフォンを導入する企業が増えています。

詳細を確認する

契約する際のポイント

ビジネスホンには現在、様々な機能がついています。しかし、あまりにも多くの機能がある場合は使用する際に戸惑ってしまう可能性があるのでシンプルな機能のやシンプルなプランを選ぶと良いでしょう。

詳細を確認する

トレンドはリース契約

企業は大きくなるほど多くの社員が働いています。そのため、ビジネスフォンを利用する方の人数も多くなってくるため、購入よりもリース契約などでコストを削減したほうが良いと考えられています。

詳細を確認する

次世代型の最新機器

コピー機を社内に導入するならリースの方が月々の費用が安く経済的ですね。ここで借りれば満足のいくサービスが受けられますよ。

IP無線機は携帯電話のパケット通信網を利用して通話が可能です

IP無線機とは携帯電話キャリアの通信網を使用した免許不要で使える次世代型トランシーバーです。最大の特徴は携帯電話の入る場所ならどこでも通信可能という点でしょう。音声をパケットデータに変換して送受信を行います。災害時においては緊急通報等の電話が優先される為、電話回線を使用した通話はかかりにくくなります。しかしIP無線機は通話方法としてパケットデータを使用している為、規制対象外となり通話が可能となります。個別に通話する事はもちろんの事、グループ一斉通話も可能なので災害通信手段として注目されています。阪神淡路大震災時は最大7日間もの間電話が不通だった事もあり、IP無線機は災害時の重要なライフラインとなるでしょう。

いざという時に知っておくと心強いです

IP無線機は携帯電話キャリアのパケット通信網を使用している事を上述しました。今多くの携帯電話はLTE回線に移行しようとしています。つまり3Gの通信網が徐々に空いてくるのです。なので従来の3G回線を利用したIP無線機であれば、より快適に通信できるのです。最近では災害時の連絡手段にTwitterやFacebookといったSNSが利用され、その有効性が証明されました。SNSが有効だった理由はIP無線機と同様にバケット通信だったからなのです。携帯電話がLTE回線に移行を進めてる今、IP無線機が非常に有効な通信手段となる理由は理解頂けたと思います。地震大国と言われる日本に住んでる以上、いつ災害が身に降りかかるか分かりません。そういった状況に直面した時の為にもIP無線機は覚えておいて損はありません。

コストを抑えて電話の回線を引きたいという希望を叶えられます。IP電話を導入してみよう。資料でもサービスについて紹介しています。